部位別ニキビ説明-背中AX

よく洗っているつもりでも、意外ときちんと洗えていない背中にニキビができることがあります。自分では見えないところだからこそ余計に気になります。過剰な皮脂、せっけんやシャンプーのすすぎ残しなどによって背中ニキビが出来やすくなりますが、背中を清潔に保つだけではなく、保湿もしっかりすることが大切です。背中ニキビ対策の商品が多数あるので、その中から自分にあったものを選んで使用するのもいいです。届きにくい背中にはスプレー式のものが簡単にできるので特におすすめです。

ニキビを潰すのはNGって本当?51

本当です。

通常は28日周期で肌の表面が変わっていきますが

28日周期で生まれ変わらなかったときにニキビが

出てきます。

毛穴に詰まった汚れが原因です。

ニキビは肌に怪我をしているような状態です。

そのニキビを潰すとさらに炎症を起こし、悪化します。

見た目は潰れて小さくなったような気になるかも

しれませんが、

実際は治りかけのカサブタをとり、

血が出てしまうのと同じことをしています。

潰すことにより、中の汚れがでてきても、

綺麗になったわけではなく、その下にまた汚れが

溜まっていて、

同じ場所に繰り返しできてしまったり、

ニキビ跡が残ってしまったりするのです。

だからニキビができた際には

潰すのではなく、スキンケアを見直し、

根本から治すことが重要です。

お肌のターンオーバーの仕組みEJ

ターンオーバーとは新陳代謝のことです。

お肌のターンオーバーということなので、表皮の構造を説明します。

表皮は、肌の表面から「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の四層構造で成り立ちます。そして一番奥の「基底層」で作られた新しい細胞が「有棘層」「顆粒層」「角層」へと上へ徐々に再生されていき繰り返します。

最後は「垢」となって剥がれ落ちていきます。

この表皮の代謝活動のことを肌のターンオーバーといいます。

通常の健康な人の周期は28日周期で、年齢を重ねていくにつれて30日、35日と代謝する速度が遅くなります。

ニキビが出来る悪い生活習慣WA

ニキビが出来る原因は普段の生活習慣にあることがほとんどです。

生活習慣を改めることは、ニキビを治すにあたりとても重要です。

まず偏った食事や睡眠不足、ストレスからくるビタミン不足やホルモンバランスの乱れは大人ニキビの大きな原因です。

野菜の足りない食事や、品数の少ない食事を繰り返していませんか?

ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時の間、睡眠をとれていますか?

ビタミンはお肌のターンオーバーに欠かせませんし、ホルモンバランスの乱れはお肌のターンオーバーに密に関係しています。

また飲酒や喫煙は、体内へのビタミン吸収を妨げる効果を持ちます。

ニキビを少しでも早く治すためには、これらを控えることも有効です。

体の内側だけではなく、外側からの習慣にも原因はあります。

何気なく顔を触ったり、頬杖をついたり、前髪を気にするしぐさによって、手指についた雑菌や皮脂が毛穴に入り込み、汚れを残してしまいます。

ニキビはその、毛穴に汚れが詰まった状態を指しますし、雑菌はそれらを悪化させる原因になります。

これらは無意識でクセになっていることも多いので、注意が必要です。

そして女性には欠かせない、メイクもニキビが出来る原因になりえます。

正しくクレンジングを行わないと、毛穴に皮脂や角質といった汚れが残りますし、肌をこすったり、化粧品を押し付け刺激を与えることでさらにニキビが出来やすくなってしまいます。

パフやスポンジを使い続けることで、汚れて不衛生となり、ニキビの悪化を招くこともあります。

自分のニキビの原因はどの生活習慣によるものなのか見極めることは、改善の第一歩と言えると思います。

生活習慣の改善は、ニキビの改善に直に繋がっているのです!

口周りとあごのにきびの理由ML

インパクトのある口周りとあごのニキビの原因の一つに、ヘアスタイリング剤が合わないことがあります。

洗い流さないトリートメントやオイルを塗ることを勧められていますが、それらが原因でニキビを作ってしまうことがあります。

またしっとり系の洗い流すトリートメントも原因になっていることがあります。

寝る前に使用しないなど、つけている時間を短くすることがいいと思います。また、枕カバーや布団のシーツを定期的に綺麗にしておくことも必要です。